昔の常識とは様変わり!?修学旅行のイマ

修学旅行といえば、昔から学校生活の一大行事です。
小学生なら一泊二日、中高生ならもう少し長く1週間前後、みんな一緒に有名観光地へ、そんな修学旅行のイメージをもっているあなたはもう古いかもしれません。
教育のあり方が多様化した現代、目的地が海外なんてことも珍しくありません。
ある進学校では、高2生全員でアメリカの有名大学に模擬授業を受けに行き、海外大学への受験意欲を高めるなんて形をとっています。
国際教育に力を入れている学校では、1ヶ月程度のホームステイを経験できるというところもあります。
英語力をつけるなどの教育目的のほか、入学すればみんな海外に行けるという点が学校選びのひとつの売りになるのも事実なようです。
確かに、中高生のうちに必ず海外経験を積めるなんて、中学生や小学生には魅力的です。
また、行き先を選べるタイプもメジャーになりつつあるようです。
海外リゾートや沖縄などから友人同士で行き先を選ぶなんて、一端の社会人のバカンスのようです。
昨今は、特に行き先や期間が比較的自由な高校の修学旅行でどんどんバラエティ豊かになりつつあるようです。
高校の思い出に宇宙旅行なんて時代も、いつか来るのかもしれません。

修学旅行で大切なこと

小中学校での大きな行事として修学旅行が一般的となっています。
修学旅行は小学校では6年生、中学校では2年生が一般的に参加する傾向にあるのです。
また、広島や京都、大阪が主な行き先として有名となっています。
この行事では、学校の授業での学習を深めることが本来の目的です。
そのため、小学校では平和学習を主体として原爆ドームの見学、中学校では歴史に関する知識を深めるために京都の文化遺産の見学が主な工程となる傾向にあるのです。
さて、この行事は団体行動であるため様々な配慮が大切となります。
特に安全管理は最も大切となるでしょう。
そのためには常に集団行動で行うことや引率での責任者選びなどを慎重に行うのが大切です。
また、自由行動の際には事前計画を的確にさせることが賢明です。
それから、この行事では班別の行動があることが多いです。
それに伴い、生徒の安全を確保する手段として班のリーダーにGPSつきのケータイを貸し出すことが一般的となっています。
ケータイを貸し出すことにより班別の自主行動での安全性が確保できるのです。
また、生徒との連絡が取れるため、急な予定変更でも柔軟に対応ができます。
それから、授業での学習を深めるためにも事前、事後学習をしっかりとすることが大切です。

おすすめWEBサイト 5選

原宿にあるヘアサロン

適性検査サービスのコンパス

学芸大学 内科

2017/9/29 更新

『修学旅行』 最新ツイート

@hm___c12

ドコモカスすぎやん とりま修学旅行から帰ってきとって良かった

18秒前 - 2018年06月18日


@os30g

洞爺湖の木刀売ってた。1600円と2000円。修学旅行生がつい買ってしまいそうな値段設定だ。 https://t.co/vjIWFd0KLm

27秒前 - 2018年06月18日


@kusoripudazo_

関西圏の地震めっちゃ心配だけど、関西に修学旅行で行った時に東北の某県から来たと言ったら半笑いで「東北かw放射能やばいんやろw」っていったあのジジイが痛い目見てることだけは祈ってる。

29秒前 - 2018年06月18日


Copyright (C) 2015

「HOW TO 修学旅行」All rights reserved.

サイトTOPへ戻る