『修学旅行 マナー』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/plnf5ok7/public_html/tehacesver.com/manner.html on line 45

Copyright (C) 2015

「HOW TO 修学旅行」All rights reserved.

修学旅行でホテルを利用する際のマナーと注意点

修学旅行ではホテルに宿泊をすることになりますが、その際にはマナーを守らなければなりません。
ホテルには修学旅行生のみが宿泊しているわけではなく、一般のお客さんもいる場合があります。
そのために部屋や廊下、ロビーなどで生徒同士で騒いだりしますと迷惑になります。
仮にフロアを貸切りにしてもらえた場合ならば多少は騒がしくても問題はありませんが、そのような好条件を得られるとは限りません。
また、大浴場や食事をする会場ではホテル側で指定された時間に使用することを求められることもあり、一般のお客さんと遭遇するのを避けようとすることもあります。
とはいえ一般のお客さんとの遭遇を確実に避けることは難しいですし、また、ホテルから提示されたルールさえ守っていれば確実に迷惑をかけることを避けられるというわけではありません。
そのために、生徒一人一人が他のお客さんの迷惑にならないよう、自覚を持ってマナーを守る必要があるのです。

修学旅行の最大のマナーは他のお客さんに迷惑をかけないこと

修学旅行となりますと大人数で観光地を回ったりホテルを利用することとなりますので、参加する生徒たちは浮足立ってしまうものです。
とはいえ観光地やホテルには修学旅行生のみが参加しているわけではなく、一般のお客さんも利用していますので、迷惑をかけないようにマナーを徹底させなければなりません。
大人数でありますので移動の際にはどうしても通路を塞いでしまうなどの状況ができてしまうのは致し方ないとしても、不必要に大声で騒がないなどの基本的なことを守ることが大切になります。
特にホテルで宿泊をする場合においては、廊下を走り回ったり夜遅くまで騒がしくするなどは以ての外で、一般のお客さんとフロアや棟が異なるなどの配慮がされていた場合はまだマシですが、そういったことをしてしまいますと、一般のお客さんにもホテルにも迷惑をかけることとなります。
また、大浴場や食事の会場などを利用する時間がホテルによって指定され、一般のお客さんと住み分けを試みられる場合もありますので、きちんと時間は守らなければなりません。

注目サイト

2016/10/17 更新